自然の生命(いのち)の力 resilience

精神科病院で働いています。診療情報管理士通教84期。五感を癒して自然治癒力を高めるセラピーについても関心があります。一人旅が好きなので、旅のことも、時折書きたいと思います。ICD10リスト&要約ブログ作成開始。http://sizen.upper.jp/icd-10/

はてなアプリが

少しこないあいだに、はてなブログアプリがすごいアップデートされていてびっくりしました。私はやたら熱を出したりして、ふせっておりました。でも飛行機を見にいったりもしました、、、。もう少し元気になったらまたみなさんのブログ遊びに行きます。記事…

春の喜び

先日は夫と公園に行きました。花がひらきすっかり春でした。花も緑も、見渡す限りの自然の生命がいきいきと力を得て、輝いていました。昨日は素晴らしい出会いがあり、この春の喜びとともに、私も新しい場所に向かおうと思います。医療者であるからには、い…

診療情報管理士 専門課程 スクーリング2日目

今日は、医療情報学と医療経営。わりと得意な分野なのでまったりと受けました。どこも病院経営は大変なのだな、・・・とわかったことが収穫です。日本という国の経済が痩せてきているから・・・。心配ですね。帰りに東京タワーを取ると、奥に怪しげな雲が・…

診療情報管理士 専門課程スクーリング1日目終了 分類法

今日から、診療情報管理士の専門課程スクーリングが始まった。基礎課程は教室が混んでいてとても大変だったのだけど、専門課程は席に余裕があった。受講しやすくて助かるけれど、それだけ脱落した人が多いのかなと、少し寂しい気分にもなった。今日は分類法…

梅や桜

私は、梅や桜を見るのも好きですが、 たべるのもとても好きで、 毎年越生梅林に行って、梅酢や梅干しなどを買います。 お酒も梅酒が大好きです。 桜も、桜の葉の塩漬けも好きで、 桜風味の料理には心がおどります。 花びらを浮かべた桜茶も大好きです。 桜餅…

山陰の旅まとめ。

すこしブログ更新期間があいてしまいました。m(__)m 今回の旅の工程を、地図で整理してみました。 ___ (1)初日 ◆東京→<新幹線>→◆岡山→<特急八雲>→◆松江→<車>→◆宍道湖畔(泊) (2)2日目 ◆宍道湖畔→<徒歩>→◆松江宍道湖温泉駅→<一畑電車>→◆出雲大社前→…

山陰の旅 3日目 美保関、境港、皆生

美保関の夜明けが見たくて、早く起きた。碧い海にいくつかの船が漂う。波止場、船着場には、少しずつ漁師の姿が見え始める。そして美保関灯台の方角からゆっくりと夜が明けていく。鳥達がおとずれ、漁果をもとめ、舞っている。日が昇りきるのをまち、宿を出…

山陰の旅 2日目 出雲大社~美保関

今日は、私にとって特別で一番愛している境港~美保関に向かう、最高の一日だ。 <<宍道湖畔>> 宍道湖の朝。薄霧の中をシジミ船が行く。 素晴らしい景色だった。 美しい宍道湖のおだやかな水面に心をゆるされて、やわらかい気持ちで宿をチェックアウトし、そ…

山陰の旅 1日目

10代のころ、ふと思い立ち鈍行列車の一人旅ではじめておとずれたときから、わけもなく懐かしくて、既視感が強い山陰地方。自分の故郷はここにちがいない、きっと遠い先祖が暮らしていたのだと、勝手に思っている。 そんな山陰へは何度も旅をしてきたが、今年…

The Thing <遊星からの物体X>

宇宙に未知の生物がいる可能性に興味を持ったのは小学生の時だった。その時からずっと、なぜか私は、「宇宙人は、ほかの宇宙からきている。」と思っている。ほかの星ではなく、ほかの宇宙からきているのだと、ずっと思っている。 中学生くらいの時には、何度…

神津牧場のチーズ<ゴーダ&チェダー>

道の駅ならぬ「食の駅」所沢店というところに行ってみた。 店内は地域でとれた特産品がいっぱい。 しかし中には、地域でとれた特産品でないものも普通にならんでいた…。 その中のひとつ。美味しそうなので買ってみた。 神津牧場(群馬県の牧場さん)のチーズ…

愛すること愛されること

さみしい生い立ちをしたという友人が、 妻子がありながら不貞行為を繰り返している。 彼曰く、 「どうしてもさみしい、埋まらない孤独がある」という。 その孤独が、不貞に駆り立てるのだと。 しかし、結果的に、彼は妻子にも疑われぎくしゃくし、 不貞の関…

The Mist

後味がよくない映画…として有名な「The Mist」をHuluで見た。 興味深い映画だった。 ある日急に、街が不可解な霧に包まれ、 謎の化物が霧とともに現れ人を襲い始める。 しかしこの映画のテーマは、その化物の恐怖ではなく、 極限状態での人間の心のおそろし…

テクノロジーと夢 <Nixieウェアラブルドローン>

IPAが昨日 プレス発表 インターネット利用者の“情報セキュリティの脅威・倫理の意識”を調査した報告書を公開:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 を公開した。とニュースで見て読んだ。 プレス発表 インターネット利用者の“情報セキュリティの脅威・倫理の…

診療情報管理士の認定試験に向けて

あと約1年と少しで、いよいよ診療情報管理士の認定試験になりました。 受験勉強はもちろんですが、社会人になってから何年も、 しっかりとした「試験」を受験してきていませんので、 試験慣れもしておきたいと思っています。 緊張したり、忘れ物したり、おな…

診療情報管理士基礎過程スクーリング終了

朝。スクーリング今日で終了と思うと、5時半起きもつらくない、、、ことは無くて、凄くつらかったけど何とか起きました。そして田町に到着し、今朝の東京タワーをぱちり。都会の空は、晴れてても透き通らないのだな、と発見。でもそれはそれでなんとなくアメ…

診療情報管理士スクーリング2日目!

今日の、感染・免疫の講義面白かった。私たちの遺伝子の40%くらいは、ウイルス性の遺伝子らしい。ウイルスとのたたかいや競合、共生の結果が、いまの私たちの肉体をかたちづくっているらしい。過去にペストの流行した地域には、HIVに感染しづらい遺伝子変異…

診療情報管理士スクーリング一日目終了

84期生なので、このターンのスクーリングで基礎過程が終わります。はやく専門やりたし。今日は、医療倫理と医療用語だったので、親しみやすい内容の楽しい一日でした。ただ、扁桃腺炎でめっちゃ高熱出てる中受講したので身体はぐてぐてです。いまからもうひ…

お月様を見に行こう。

わけもなく、落ち込んでしまった。こういうときは、ほぼ百パーセント、自分の認知がゆがんでいる。バイオリズムが良くない。でも、空がきれいだし、空気も気持ちいい。そう思った。そのことが感じられるから、良かった。明日はもっと明るい気持ちで過ごした…

感謝を知った時の話

私は以前まで、このように思っていた。 努力をすれば全ては変わっていくことができるし、失ったものは必ず取り戻すことができるし、願い続ければ叶わないことはないのだと。 しかし立て続けに起きた肉親の死が私のその考えを大きく覆すことになった。 そして…

海に寄せて

私の意識はうまくコントロールされないままに、いつも不可解な軌道を描きながら在る。 * いつだったか、もう随分前に、一人、旅に出て夜の海を眺めた。波の形は風を受けて常に変幻しており、海にはさだまった形がなく、どこからどこまでが海なのかさえ、定…

夢・無意識・心

数年前、半年ほどの期間をかけ、心理療法家の元へ通い心理分析を受けていた。それは自分自身の神経症的な性質に自覚があり自分の心を一度客観的に整理してみたいという思いと、心理分析への好奇心からだった。 最初の2ヶ月ほどのプログラムは、小さな頃から…

月へ行けたなら

最近、良いこともつらいことも一気に押し寄せてきて、心がとてもざわついていた。 落ち着かせようとしても、落ち着かない。心を見つめてみても、とらえどころなく変幻してしまう。 こんなときに心を見ると、どうしても自己嫌悪がまさってしまい、苦しい、困…

越生探訪/秋津町祭囃子保存会

週末・月曜日は、気の向くままに田舎に出かけたので、そのことについて書きます。 ーーーーー 週末に足をむけたのは越生。 山並みをながめながらドライブしていると突如豪雨があった。 近くにちょうど「越生自然休養村」というところがあったので、車をとめ…

うきわ/深夜便/ニトロちゃん/インザプール

なにをしている時間がいちばん好きか?と言われたら、本を読んでいる時間です。ひまさえあれば本屋へ行き、ちょっとでもお金に余裕があると本を買ってしまうのです。今日は、最近読んだ軽めの漫画&小説をすこしご紹介させていただきます。#「うきわ」野村宗…

クーラーいらずの過ごし方

私は、クーラーの冷たい風が苦手で、自室にはクーラーを設置していません。でも、真夏でも結構大丈夫で、例年、扇風機一台で乗り切っています。私の住んでいるところが埼玉の田舎で、そもそも東京より涼しいのもあるとは思いますが、ちょっと過ごし方の工夫…

夜を越える

夜というのは、とても大切な時間で、夜の過ごし方で一日の価値が決まるような気がしている。だからできるだけざわついた気持ちで夜を終えてしまわないように、工夫して過ごす。私は、寝る時に、心が荒れていると、翌日も一日、気持ちが荒れてしまうことが多…

精神科の入院形態、など雑感。

精神科の他科と違い特徴的なものの一つが、入院形態という概念だ。精神保健福祉法や心神喪失者等医療観察法などの関係法規によって、入院形態が定義されている。入院形態は、大きくわけると、同意型の入院と非同意型の入院にわけられる。同意型(任意入院)は…

心の表象

今日、仕事からの帰り道、気分転換に大好きな川のほとりを歩いていたら、若い夫婦が散歩していた。旦那さんが、ベビーカーを押している。 二人の会話が、ふと耳に入った。それはこんな会話だった。 奥さんが「私はほんとうに、ダメな母親だと思う」とつぶや…

雷 <神立 カンダチ>・生命の神秘

一昨日の深夜、私の住む町に、 雷鳴が轟いた。 非常に大きな雷が続く一夜となった。 雷雲の近づく前には、 町中の犬や猫が遠吠えしたり泣き叫んだりして、 ただならぬ雰囲気があった。 やがて豪雨とともに雷鳴が轟き、 稲光を伴い我が家の真上まで雷雲が及ん…